拡大アカデミー委員長 瀬川慶樹


1.基本方針

 近年、丹羽青年会議所は会員数が年々減少傾向を辿っております。またそれに加えて、平均在籍年数が短縮化してきていることも問題です。この二つの問題に対し、我々がより質の高い運動を中長期的に展開していくためには、まずはメンバーが一丸となって通年拡大を持続して行く事と、限られた期間の中でも、より高い成長を遂げていくことが出来る様な質の高い活動をすることが必要になってきています。

青年会議所は、業種・年齢・性別による枠を越え、住み暮らす地域を同じくする40歳までの青年経済人が集まって、志を同じくして活動する中で、異なる価値観を交えながら相互理解を深め、互いに切磋琢磨して、今までになかった自分の中の新しい力を引き出し合うことが出来る場所です。

メンバーが、活動に魅力を感じることが出来ていれば、自ずとそれを誰かに伝えたくなるはずであり、それが拡大活動においては最も重要であると考えます。アカデミーメンバーをはじめとする我々メンバーと入会対象者が青年会議所の良さを感じられるような事業を展開して、若いメンバーの力を新たなチャレンジ力へとかえて一人でも多くの対象者に入会頂くことは勿論、メンバー同士の繋がりを強めていきたいと考えております。

そこに一人のJAYCEEとしてとるべき振舞いは何かを学ぶ設えを加え、青年会議所活動の魅力を自然とそして自信をもって相手に伝えようとする意識をメンバーの皆にもって頂いて、通年全体拡大へと繋げていく所存です。

 

 

 

2.テーマ

 

 「一期一会 一瞬一瞬を 大切に考えて行動する」

 

3.活動内容

 【3月例会】

青年会議所の活動の魅力を感じて頂く事業

【5月例会】

JAYCEEとしての所作を学ぶ事業

【7月例会】

人財としての自覚を感じて頂く事業

【11月例会】

これからの拡大活動に資する事業

 

 

  

4.委員長所信

 丹羽青年会議所が今年で設立25周年の記念年に拡大アカデミー委員会委員長に任命された事にお礼申し上げます。私自身、今年が青年会議所での最終年度になります。ここまで無事に活動を行ってこられたのは、青年会議所活動の中で、出会った新たな仲間の助けや、多くの先輩方の教えがあったからです。また青年会議所活動に送り出してくれた会社のスタッフの皆さんと、家族の協力があったからこそだと考えます。会社からも家庭からも青年会議所に快く送り出して頂けるようするには自己成長した姿を見せる他にはありません。また、拡大アカデミー委員会の委員長の職を与えてくれた皆さんに、任せて良かったと感じて頂けるよう、青年会議所活動と仕事と家庭の全てを一番大切にしてこの一年間を駆け抜けていく所存です。自分以外の方から見て頂いて、さすがJCを行っていると違うなと感じて頂ける様な一人のJAYCEEになって卒業したいいと考えております。丹羽青年会議所に新しい多くの仲間を迎え入れて、1つでも多くの学び得て頂き、今後の人生に活かして頂けるように委員長職を全うしていきたいと考えます。